借金一本化とおまとめローン

借金を一般化するときのポイント

 

借金一本化というのは、複数の借入先からの借金をひとつにまとめることです。その時に使うローンのことを「おまとめローン」といいます。

 

借金の一本化をする時には、同時に返済計画を見直すことになります。そのため、借金を一本するメリットと、その先に起こる可能性があるデメリットも把握して返済計画を立てることをおすすめします。

 

借金を一本化するメリット

 

一本化するメリット

 

まず、借金一本化のメリットをあげていきます。

 

複数の返済日が月1回にまとまる

複数からの借金がある状態だと、返済日がバラバラで返済計画も立てにくいものです。返済日が1つになると管理がかなり楽になります。
また、返済手数料も減らせるかもしれませんね?

 

金利が低いローンを選べる

現在の借入先よりも低い金利を選べば、現状と比べて支払う利息を少なくすることができます。(ただし、返済期間を伸ばすとそうとも言えないこともあります。参考:借金一本化と返済計画を見直す時の注意点

 

金利を低くして、ひと月あたりの返済額が同じにすると、借入金の元本を多く返済することになるので借金が早く返せることになります。

 

毎月の返済額を見直せる

もし現状で毎月に返済が厳しい状態なら、一本化の際に返済額を見直すこともできます。ほとんどの金融機関は最低返済額を定めているので、その金額以上なら自由に返済額を設定できるはずです。
現状で毎月の返済が苦しい場合には、無理なく返済していけるように毎月の返済額を見直してみるのもいいでしょう。

 

 

借金を一本化するデメリット

 

一本化するデメリット

 

借金一本化のメリットをお話してきましたが、デメリットの可能性も知っておきましょう。

 

返済総額が増える可能性がある

これはメリットの裏返してもあるのですが、毎月の返済金額を見直す時に返済金額を小さくしすぎると、返済期間が長くなって結果として返済総額が増えてしまうことがあります。ここはきちんとシミュレーションすべきところであり、安易に最低返済額を選ばないように注意しましょう。

 

追加借り入れで借金が増えてしまう可能性も…

借金の一本化をすると、他社で借りていたローンが一括返済されますよね。
そのため、今まで限度額がいっぱいいっぱいだったカードローンがめいっぱい借りられる状態になります。これ、意外と注意が必要です。

 

「ちょっと借りる」を繰り返すうちに、借金が増えてしまうケースがあるのです。これでは借金をまとめたことが裏目にでてしまいます。借金を一本化して返済したカードローンは解約するなど、追加で借りないように自分自身を管理していくことも必要です。

 

 

返済計画を立てる時のポイント

 

借金を一本化するにあたってのメリットとデメリットをお話してきましたが、返済計画を立てるには、何を最優先するかを明確にすることが大切です。

 

大まかには、

  • 借金を早く返することを優先するのか
  • 毎月返済の負担を減らすのを優先するのか

借金を早く返済できて、毎月の負担が減るのが一番なのですが、毎月の返済希望額によっては返済期間が伸びて、その結果、利息込みの返済総額が増えてしまうこともあるでしょう。でも、毎月返済の負担を減らすのを優先するならこれは一つの正解なのです。
「毎月の負担を減らすために一本化した」と自覚できていればOKです。

 

返済総額が増えたら繰り上げ返済でフォロー

 

一本化で返済総額が増えてしまった場合は、余裕がある時に意識的に繰り上げ返済をして借金の元金部分をを減らしていきましょう。そうすることで、返済期間が短くなるので返済総額を減らすことにつながります。

 

 

借金の一本化と返済計画のまとめ

借金を一本化する時には、一本化のメリットと、もしかしたら起こるかもしれないデメリットを把握しておくことが大切です。

 

その上で、借金を早く返することを優先するのか、毎月返済の負担を減らすのを優先するのかなど、優先事項を決めてから返済計画を立てましょう。借入を予定している金融機関が提供しているシミュレーションツールを利用すると簡単ですよ。

 

また、毎月返済の負担を減らして返済期間が伸びた結果、借金の返済が遅くなり、返済総額が増えてしまう場合は、こまめに繰り上げ返済をすることで対処していきましょう。