消費者金融に返済できない時の2つの選択肢

消費者金融に返済できない

 

「今月どうがんばっても返済できない」せっぱ詰まってくると心の底から焦りますよね。
今まで真面目に返済してきた人、消費者金融で借りたのがはじめの人、ドキドキしているのではないでしょうか?

 

なかなか親・知人にもお金を貸してとはいいにくいものです。ここでは、返済できないとわかったらすぐに試して欲しい2つの選択肢をご紹介します。

 

このページを読むと、消費者金融に返済できな時の適切な対象法がわかりますよ。

 

 

借りているのが大手消費者金融なら

 

大手消費者金融に返済できないなら、気持ちを落ち着けて対処法を考えて大丈夫です。レイク、アコム、プロミスなど知名度の高い消費者金融なら、テレビドラマのように脅して「金払え」みたいなことにはなりません。

 

時に、1回目の延滞ならなおさらです。

 

ただし、だからこそ、きちんとした手順で今度の対策を立てておく必要があります。

 

滞納する前に電話か店頭で相談

返済できない時に、いちばんやってはいけないことが、督促されるまで放置しておくことです。これは、自分で自分の状況を悪くしているようなものなのです。

 

消費者金融もサービス業なので、こちらがきちんと対応すれば親切に相談に乗ってくれます。
確実に返済できないとわかっているのなら、まずは電話するか、店頭に出向いて「今月返済できない」と正直に相談しましょう。大変がしんどいなら、電話でも大丈夫です。とにかく、滞納する前に連絡を入れて下さい。

 

後日、返済が遅れた分の遅延損害金は請求されますけど、どうしたらいいか直近の対処方法を教えてくれます。

 

低金利に借り換えて返済期日までの日数を延ばす

もし金利が高めの消費者金融で借りているなら、この機会に金利を見直して借り換えするのがおすすめです。
ただし、直近で延滞があると借り換えはまず不可能です。
だからこそ、「今月返済できない」となったら真っ先に考えて欲しい方法が、借り換えです。

 

低金利のローンに借り換えるときに返済計画も見直すことができますから、メリットはあってもデメリットはありません。
借り換えができれば、初回の返済期日まで1ヶ月程度の猶予ができるはずなので、その間に返済資金を調達しましょう。
借入先が複数ならおまとめしてしまうのも、借金を早く返す方法としてはおすすめです。

 

消費者金融で借りているのなら、銀行のカードローンに目を向ければ低金利で借り換えできるところが見つかるはずです。

 

【参考記事】おまとめローン審査ガイド

 

 

借り換えやおまとめは、消費者金融の借金の返済の負担を減らすのにふつうに行う行為なので、特別なことではありません。
金利が低いキャッシング・ローンに借り換えれば、返済総額を減らすことができますし、これをいい機会と前向きに捉えてチャレンジするのもありだと思います。

 

すでに他で滞納しているなら?

この場合は、新規ローンで借り換える・まとめるというのは無理なので、借入がある消費者金融に連絡して、今後の返済計画を見直すしか方法がありません。
自分のほうから連絡して返済する意思を見せれば何らかの相談にのってもらえるはずです。

 

この状態で一番やってはいけないことは、不法な金利で貸してくれる業者に手を出すことです。
いわゆる闇金ですね。
滞納が続いていると、ある日ふとポストにチラシが・・・なんて良くあることなので要注意です。

 

もし闇金で借りてしまっているなら?

返済の金利が法定金利を超えているなら、借入した時の契約書など一式をそろえて、闇金の対策を請け負っている弁護士か司法書士に連絡して相談しましょう。
ただし、すべての弁護士と司法書士が闇金に対応しているわけではなくて、積極的に受け入れてくれるのはごく一部です。

 

ですが相談先は必ずあります。
仮に取り立てにあっていても、法律家が介入すると、最短でその日、遅くとも数日内には取り立ては止まります。

 

これだけだと一時しのぎですから、消費者金融に返済できない状況を今度どうしていくか考える必要はありますが、落ち着いて考えられる状況をまずは作ることが大切ですね。

 

まとめ

消費者金融に返済できない時の対処法をお話ししてきましたが、どんな状況でも放置してしまうと最悪の状況を招きます。
滞納が発生する前なら、低金利のローンへの借り換えやおまとめを検討して、金利の負担をさげるなども可能です。

 

滞納が発生していても、大手の消費者金融なら返済方法の見直しの相談にものってくれるでしょう。

 

ただし、消費者金融とはいっても闇金で借りていて返済ができない状況なら、早めに法律家に相談することをおすすめします。