おまとめローンを比較して選ぶコツ

おまとめローンは借金完済のための間違いのない選択です。
でも、おまとめするには自分の状況にあったローンを比較して選ばないと審査に通らないのが実情です。
当サイトは、おまとめローン審査のコツと、おまとめローンの中でも口コミで評判のいい金融商品を紹介してるのでぜひ参考にして下さい。
上手におまとめして借金完済を目指しましょう。

 

 

おまとめローンの審査の失敗を防ぐ考え方

最初に厳しいことをいいますが、おまとめローンの審査は甘いなんてことは絶対にないです。おまとめするということは、借り入れる金額が大きくなるので、その分、審査が厳しいのは当然です。自然なこととして難易度は高くなります。

 

つまり、難易度が高いローンだからこそ、「おまとめローンの選び方」や、「どうやって審査が通りやすい状況にもっていくか」という考え方が重要になります。これが、今回力を入れてお伝えしたいことでもあります。

 

「審査が甘い」という金融機関は、ソフト闇金の可能性もあるので、気をつけたほうがいいですね。
現状で借入先が何本かあると思いますが、借金をなくすために最適なおまとめローンをしっかり見極めて、借りやすくなるような対策を徹底的にとっていきましょう。

 

 

複数の借金をおまとめする時の考え方

 

借金をおまとめしたいけどどうしたらいい

 

おまとめローンを眺めていると、当然ながらみなさん金利が低いローンに目がいきます。もちろん金利は低いに越したことはありません。でも、金利が低いということはそれだけ審査の内容も厳しいということを意味します。

 

単純に金利だけで選んでいると審査落ちを繰り返すことも・・・・。

 

だからといって、おまとめをするのに、金利が高いところでまとめたら意味がありませんよね?今より、金利が低くなることを大前提にして、おまとめしやすい審査に耐えられる金融商品を選ぶことが大切なのです。
そのためには、どうしたらいいのでしょうか?

 

まず確実に行いたい2ステップの対策

 

おまとめする時の考え方を解説していきます。

 

2chなどの記事でおまとめの審査についていろいろ噂があるかもしれませんが、基本的には審査が甘いローンというのはありません。
でも、自分の身の丈にあったおまとめローンに申し込んだり、事前に準備を整えることで、審査を通りやすくする対策はできます。

 

まず、借金の残高を把握しましょう

毎月の返済に追われると、返済金額はわかっていても、借金の残高が把握できてないことが多いです。「A社のキャッシング20万円」「B社のローン残高が50万円」「C社は30万円」という感じで、業者ごとに紙に書き出していきましょう。

 

借入先も、銀行(メガバンク・地方銀行)、信用金庫(信金)、消費者金融など、自分が借りている傾向が分かるように区分を添えます。
「そんなの頭に入っているよ」と思うかもですが、細かく借りている人ほど、視覚的に状況を把握できるように書いてみるのがおすすめです。

 

どうゆう金融機関から借りていて、それぞれ残高がいくらで、借金の残高が合計でいくらなのか、紙に書いて一目瞭然で残高の把握が出来るようにすることです。

 

その後で、何%の金利で借りているかを確認します

先に調べた借入残高の隣に、何%で借りているか書いてみましょう。

 

単純なことなのですが、これをすると、「消費者金融はやっぱり高いな」とか、「信金が思ったより金利が低くない」とか、頭に自然と入って状況を再認識できます。

 

これから行う、借金一本化の過程で、返済計画の見直しもできますし、管理もしやすくなります。そのためには、現状の把握が必須です。どこかの金融機関に審査に申し込みする前に、面倒でも紙に書き出してみることをおすすめします。

 

ここまでの作業をすると、一番高い金利はどこの金融機関の何%かというような情報が、普通に目で見てわかるはずです。
では、次に、おまとめで使うローンの候補を選んでいきましょう。

 

 

おまとめ候補の金融商品の上限金利をチェックする

上限金利をチェックしておまとめローンの候補を決める

 

おまとめローンに限った話ではありませんが、金利は◯%〜◯%という表示になっていますよね?
一番低い金利を「下限金利」、一番が書い金利を「上限金利」といいます。

 

審査が不安な人が確認すべきは、上限金利です。

 

ついつい下限金利に目が行きます。ですが、よほどの信用力があって相当の与信枠がつかないと下限金利はまず適用されません。そのため、上限金利を見ながら、おまとめに使うローンの候補をピックアップします。

 

今借りているキャッシングやローンの一番高い金利と同じか、低い金融商品があったら、借入先と、上限金利と、借入限度額をメモしていきましょう。

 

「今と同じ金利では意味がないんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、まとめることで返済の管理がしやすくなるメリットはありますし、あとで説明しますが、利息制限法(利限法)というのがあって、例え消費者金融でまとめたとしても、借入金額が100万円を超えてくると、法律によって金利が15%までは下がるのです。

 

ですから、あまり細かいことを考えず、上限金利を見て、単純作業と思って候補をピックアップしていきましょう。
こうやって候補をあげていくと、審査に通る可能性があるおまとめできるローンの候補がそろってきます。その中から、審査の申し込み条件をクリアできるローンを選択していきます。

 

 

申し込みに制限をチェックする

審査に申し込みに制限があるかをチェック

 

おまとめローンの候補であげた金融商品について、今度は、自分が審査の申し込み条件をクリアしているかを確認していきます。

 

おまとめローンは借入限度額が大きくなるので、金融機関が負うリスクが大きくなります。そのため審査の基準は厳しいです。公にされている申し込み条件の段階で、年収で制限がかけられていたり、アルバイトやパートは不可だったりいろいろあるのです。でも、意外と、金利といくら借りられるかに目が行ってしまって、審査に申し込める条件まで見てない方が多いのです。

 

過去に「おまとめの審査で落ちた」という人の中には、そもそも自分が審査に申し込める条件に達していないという人がいると思います。低金利ローンのおまとめローンを使うには、特に、申し込み制限に注意が必要なのです。

 

ちなみに、パートやアルバイトは不可とする金融機関がある一方で、パートやアルバイトでも安定した収入があれば可とする金融機関もあります。
難易度はまちまちです。
また、同じ金融機関でも、金融商品によっても基準が異なりますので、面倒でもここはひとつひとつチェックしていくしかありません。申し込み条件を細かく見ていくと、自然と自分が申し込める数が絞られてくるはずです。

 

とはいえ、なかなか細かい条件まで見ていくのも大変ですよね。
下記に、おまとめローンに最適な銀行のカードローンと、消費者金融のカードローンをピックアップしておいたので参考にしてみて下さい。

 

 

口コミでも評判よし!銀行のカードローン一覧比較

おまとめしやすいと、ネット上の口コミでも評判がいい銀行のカードローンをご紹介します。

 

消費者金融で枠が大きいローンをおまとめで使おうとすると、年収が300万円未満の方の場合は総量規制でひっかかって100万以上にまとめることができません。申し込み制限にひっかからなければ、総量規制にひっかからない銀行のカードローンがイチオシです。審査に申し込んでみる価値があると思います。

 

 

審査通りやすいおすすめの銀行はどこ?

 

審査に通りやすい銀行というのは、明確にはわからないのですが、それでも、名前が通った銀行(メガバンク)でも、おまとめ・借り換えOKとうたっているカードローンが存在します。

 

このようなカードローンは、借入限度額が大きく設定されていることから、おまとめに配慮されているといえます。また、明言されていなくても消費者金融の借入の一本化を想定していることがわかります。それで審査が甘くなる、緩くなるとは断言できませんが、審査が不安な場合は、おまとめ・借り換えOKと書かれている銀行のカードローンを優先してチェックしていきましょう。

 

イオン銀行カードローン、楽天銀行スーパーローン、オリックス銀行カードローン、じぶん銀行カードローンなどが人気があるようです。

 

 

銀行の審査に通る自信がないときには?

消費者金融よりも銀行のほうが金利が低いのと、総量規制を考えなくていいので、まずは銀行のカードローンをおすすめしました。
でも、銀行のカードローンは過去に審査で落ちてしまったという人がいるかもしれませんね?そもそも、銀行のローンそえr自体がハードルが高いと思っている人もいるかもしれません。

 

そんな方で、通りやすさを優先するなら、総量規制にひっかからない範囲で消費者金融のカードローンを使って少しずつおまとめするのも一つの方法です。消費者金融の存在価値は、銀行で借りにくい方のため・・・ということを考えると、総量規制の範囲内ならまとめやすいということもご理解いただけると思います。

 

全部を一度にまとめられなくても、少しずつまとめていく…と考えれば、大きな融資枠を提供している消費者金融のカードローンはかなり使えます。
また、消費者金融で一本化したとしてもまとめるメリットは大きいです。消費者金融でまとめるメリットを詳しく解説していきますね。

 

消費者金融でまとめるメリット

 

複数の消費者金融で少しずつ借入れがある場合には、金利が上限に近く設定されているはずです。

 

そのため、細かい借金の総額が100万円を超えるなら、消費者金融でおまとめしても、おそらく3%近くは金利の負担を軽減できます。

 

これは利息制限法という法律があって、消費者はこれに守られているからなんですね。この点、詳しく?明していきます。

 

 

利息制限法(利限法)について知っておこう

 

「細かい借金の総額が100万円を超えるなら金利の負担を減らせる」という理由ですが、「利息制限法(利限法)」で融資枠ごとに上限金利が定められているからです。
利息制限法による利息の上限は下記のとおりです。

 

 

元本の額が10万円未満の場合 年二割(20%)
元本の額が10万円以上100万円未満の場合 年一割八分(18%)
元本の額が100万円以上の場合 年一割五分 (15%)

 

利息制限法第一条の引用ですが、数字の表記を読みやすくしています

 

利息制限法の融資枠による上限金利の説明

 

この図で、融資枠となっているのは、借入先(アコム、アイフル、プロミス、レイク)などで設定された「いくらまで借りられますよ」という借りられる限度額のことです。

 

おそらく、消費者金融で借りているなら、10〜100万円未満の融資枠で18%近い金利が設定されていることが多いと思います。(具体的には、借入先によって異なります)
これを、どこかの消費者金融で100万円以上の枠に借り換えてまとめると、上限金利が15%以下になるのです。

 

つまり、一本化することで少なくとも3%は金利の負担をさげることができるというわけです。

 

 

おまとめで使える消費者金融のカードローン一覧比較

おまとめしやすいと、ネット上の口コミでも評判がいい消費者金融のカードローンをご紹介します。
借入先が多い場合はそれだけで敬遠する場合もありますから、借入先が一本化することで、将来的には銀行の審査に通りやすい状況ができるかもしれません。タイミングを見計らって、次は、もっと金利が低い銀行のローンに借り換えするという道も開ける可能性もあります。

 

おまとめローンの審査に不安がある場合には、まずは、消費者金融で一本にまとめて金利を引き下げるという視点をもつのも借金を少なくしていくための選択肢と言えます。

 

 

 

借金を一本化する意義

おまとめローンで借金を一本化のは、毎月の支払いの負担を軽減するとともに、返済計画を見直すきっかけにもなります。利用中のすべてのローンをひとまとめにするので、現状利用しているローンの返済予定表などをじっくりと見るようになります。

 

そして何より、借金をひとまとめにすることで金利の負担が小さくなり、月々の返済額を現在と同程度にしておけば返済総額を減らすことができます。返済総額が減るということは支払利息が減るということですから嬉しいですよね?

 

借金を返済するのには、現状把握が大切です。
必ず押さえておいたほうがいい借金返済の考え方をご紹介します。おまとめローンもそのひとつなのですが、ベースとなる考え方をしっかり頭にいれておくと今後の返済計画に役立ちます。

 

借金を早く返す方法をもっと詳しく

 

 

おまとめローンの種類

おまとめローンの借入先として、銀行と消費者金融をご紹介してきましたが、一般的におまとめローンで使われる金融商品には3種類あります。

 

  1. 金融機関が「おまとめ専用」として提供するローン
  2. 融資額が大きいフリーローン
  3. 融資額が大きいカードローン

 

ざっくり違いを説明すると「おまとめ専用」として提供するローンは、新しく契約した金融機関が既存の借入先に一括返済を行う契約になるのが大きな特長です。そして、同一のローン契約では追加の借入れは出来ないのが一般的です。(例外もあります)
おまとめ専用のローンだと、銀行だと、東京スター銀行、消費者金融だと、アイフルおまとめMAXなどが有名です。

 

融資額が大きいフリーローンやカードローンの場合は、審査に通って融資枠を設定してもらったら、自分でお金を借りてそれぞれの借入先に自分で返済します。
フリーローンの場合は同一の契約内では追加の借入れは出来ないのが一般的ですが、カードローンの場合は返済が進んで枠に余裕ができるとその分は追加で借り入れすることが出来ます。

 

あくまでも一般的な話なので、審査の申し込みの前にどんな金融商品なのかはよく確認しましょう。
このようなローンを、東京三菱UFJ銀行、三井住友銀行などの都市銀行やだけでなく、銀行、労金(ろうきん)、オリックス銀行や楽天銀行などのような無店舗型の銀行、消費者金融などのファイナンスがそれぞれ提供しています。

 

審査に通らない人のための確認事項

おまとめローンの審査の申込の前に、ここだけはクリアしておきたい審査基準があります。ここをクリアしないと、何度申しこんでも審査に落ちて最終的には申し込みブラックになってしまいます。
これからお話しする状況があと少しで解除できるなら、最善の選択はまつことです。時間をかければ審査に通る状況は自分で整えることもできるのです。

 

 

申し込みブラック(多重申込)になっていませんか?

おまとめローンの審査落ちや、申込みの記録は信用情報機関に残ります。
そのためあちこちで連続して申込すると返済に困っていると判断されて、審査に通らないのです。この状態を「申込みブラック(多重申込)」といいます。

 

申込ブラックの定義ですが、あくまでうわさのレベルでしかありませんが、1ヶ月に3件以上の申し込みをすると危ないです。3件までは大丈夫という説もありますが、2件までで審査を通すつもりでおまとめローンを選んでおいたほうがいいです。

 

対策

どれくらいの期間記録が残るかですが、消費者金融系と、信販系が利用する信用情報機関がデータを参照する「日本信用情報機構(JICC)」と「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」には6ヶ月、主に銀行が利用する信用情報機関の「全国銀行個人信用情報センター(JBA)」には1年間です。
申し込みブラックになっていると思われる場合は、消費者金融でおまとめするなら6ヶ月、銀行でおまとめするなら1年は間をあけて申込するのがベストです。

 

 

ローンの申込基準を満たしていますか?

このページの最初の方でもお話しましたが、金融商品には、申し込み制限があるので、その基準に達していないと審査を通過することができません。

 

おまとめローンで使うような金融商品の場合は、金融機関としては、貸し出す金額が大きくなる反面、適用する利息は下げなくてはなりませんから、貸し倒れのリスクを考えて審査を厳しく行う傾向があります。
そのため一定の基準をクリアしないと申し込めない場合もあります。

 

分かりやすい年収の制限の例をあげると、東京スター銀行のおまとめローンの場合は前年度の税込年収が200万円以上と言ってような感じです。
東京スター銀行だけでなく、他の金融機関でも同様に制限がある場合があります。

 

また、勤続年数については、データが公開されているわけではありませんが、口コミ情報を読んでいると勤続年数が6ヶ月未満だと審査落ちするケースが多いです。

 

対策

借入先が複数あって借りる金額が大きくなるほど、勤続年数は長いほうが有利と言われています。
年収と借入金額のバランスも絡んでくるので絶対とはいえないのですが、勤続年数が少なくておまとめしたい場合(1年未満)なら消費者金融でおまとめするのがおすすめです。

 

 

借入件数が多すぎてませんか?

ローンの審査では、借入件数も審査の対象になります。
あくまでもネットの口コミや評判から推測する基準ですが、5社以上で借入があるとおまとめローンの審査に通りにくいと言われています。もちろん、審査基準は金融機機関によって違いますが、借入件数が多い時点で自動審査でひっかかってしまう可能性が高いです。

 

対策

借入件数が多いけれど限度額いっぱいまで借りていないなら、まずは既存の借入枠を使って金利が低いところに少しずつ借金をまとめていきましょう。既存の借入枠なので金利は下がりませんが、借入件数をまとめることで審査に通りやすい状況が作れます。
そして、おまとめに備えて借入れ残高が0になったところは解約することです。解約しないでカードローンをもっていると与信枠に余裕ができません。消費者金融でまとめようとしているときなどには特にですが、総量規制などにひっかかる要因にもなりますから、解約まで忘れずに行いましょう。
そうして、借入先の件数が、2社か3社になったら、1本にまとめるのがおすすめです。

 

 

知らないうちに事故情報(ブラックリスト)に載っていませんか?

個人信用情報機関の事故情報(ブラックリスト)に載っていると、おまとめローンを通すのは残念ながら無理です。
事故情報、ブラックリストというと借金の踏み倒しなど取り立てされるような状況だけだと思っている方もいるようですが、実は自分が気づいていないだけで、事故情報(ブラックリスト)に載っている方は意外といたりします。

 

「2か月から3ヶ月以上の延滞」すると事故情報(ブラックリスト)に載ってしまいます。この延滞というのは、ローンやキャシングだけでなくて、クレジットカードの返済もです。
クレジットカードの引き落としがある口座にお金を入れ忘れてた…なんて理由でもラックリストに載ってしまうのです。そして、一度、事故情報に載ってしまうと、シー・アイ・シー(CIC)と全国銀行個人信用情報センター(JBA)は、延滞が解消されてから最長で5年間、日本信用情報機構(JICC)でも、延滞が解消されてから最長で1年間は記録が残ります。

 

対策

事故情報に載っている間は、おまとめローンの審査を通すことはほぼ難しいです。
時間が経過した事故情報がどこまで重要視されるかはおまとめ先の金融機関にもよりますが、おまとめローンを検討している人は、意識して延滞をしないように気を付けておく必要があります。
ついうっかり…が、長く自分を苦しめる結果になってしまいます。

 

 

おまとめローンの審査に関するまとめ

おまとめローンの審査を通すためには、まず、審査の失敗を防ぐために「一本化に対する考え方」を頭に入れておくことが必要です。
まずは、借入残高と、適用されている金利の把握をしっかり行って、自分の状況にあわせて、銀行や消費者金融のおまとめに使えるローンの中から適切なものを選びましょう。

 

おまとめローンの審査は無理をしても通るようなものではありません。
借入先が多い方は、少しずつまとめる作戦で、借入先を減らしながら借金をまとめて適用される金利を下げていきましょう。一度にまとめられなくても、少しずつまとめていくという方向性も正解です。今よりも低い金利なら、確実に返済総額は減っていきます。

 

おまとめローンを上手に使って、借金完済を目指しましょう。